About Naoko Ichikawa

 
 
 
 
 

About Official Profile  

 

naoko ichikawa about profile

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。
在学中より学内外のコンサートに多数出演。1997年・高校1年在学時に第一回21世紀
ピアノコンクール第1位、2002年・第十八回園田高弘賞ピアノコンクール入賞等、国内のコンクールにおいても高い評価を得る。 2004年よりロシア国立チャイコフスキー記念モスクワ音楽院へ留学。2006年・パリにて開かれたスクリャービン記念国際ピアノコンクールにおいて第1位優勝・特別賞を授与される。

その演奏は、聴衆のみならず共演者・評論家から、スケールの大きな音楽性と豊かな
音色を高く評価され、ソロコンサートの他、室内楽、歌曲伴奏などのコンサートで厚い信頼を得ている。
「ピアノを楽しむ」をテーマに企画されたサロンコンサート、即興演奏を交えた朗読・ダンス・パーカッションとの競演、ワインや食とのコラボレーションコンサートは、
音楽愛好家に限らず幅広くファンを獲得している。 近年は子供の為のミュージカルの
委嘱作曲・演奏も行っており、神奈川芸術劇場KAAT等での公演の他、保育園・幼稚園への出張公演も担っている。

2012年より代々木上原ムジカーザにて、年2回のリサイタルシリーズを開始。

本年11月25日(金)には10回目となるリサイタルを予定している。

これまでにピアノを伊藤恵美子、岡林千枝、加藤伸佳、ミハイル・ヴァスクレセンスキーの各氏に師事。



Naoko Ichikawa is a distinguished Japanese pianist.
She was born in Tokyo, received her first piano lessons when she was five.
Ichikawa studied under the famous Mikhail Voskresensky at the Toho
Gakuen School of Music (Department of Music Performance) and the
Moscow Tchaikovsky Conservatory and was selected to perform at lots of
concerts in Japan.

She is a prize winner since her first year of Toho Gakuen Music High
School: First prize, 1st Piano Competition of 21st Century (Japan,1997),
prize winner, 18th Takahiro Sonoda Piano Competition (Japan,2002),
and First prize and special prize,International piano competition "Alexander Scriabin" (Paris, 2006) and so on.

Ichikawa is an excellent and unique musician. Both of her audience and
costars have admired her great scale of artistic sense and rich tone.
She has presented solo concerts, piano duo, chamber music and
accompaniments, gaining deep trust from her costars and patrons.

Since 2009, Ichikawa was a lecturer at the Tokyo Nikikai Opera Institute
for two years. She performed the orchestra part of the opera
"Tosca" (Tokyo Opera City Concert Hall, 2010) arranged for one piano
and it produced a sensation.
Since 2012, she has been a piano accompanist for Danut Manea,
concertmaster of the Brasov Philharmonic Orchestra. Ichikawa is currently broadening her activities for composing and
performing commissioned musical work for children, improvising
together with reading aloud, dance, percussion and so on, obtaining
wide range of admirers beyond lovers of music.
She studied piano under Emiko Itoh, Chie Okabayashi, Nobuyoshi Kato
and Mikhail Voskresensky.